TOPアプリ/OS > Apache Wicket 8が登場、ラムダ式を一部でサポー...

アプリ/OS

Apache Wicket 8が登場、ラムダ式を一部でサポート

2018/05/29

Paul Krill InfoWorld

 Apache Software Foundationは2018年5月23日、オープンソースのJava Webフレームワーク「Apache Wicket」のバージョン8をリリースした。Java 8の機能をサポートするが、目玉機能であるラムダ式に関しては、フレームワーク全体のうち一部分で対応している。

Credit: Volkswagen

 Wicketは、サーバーサイドのコンポーネント指向Webフレームワーク。バージョン8では、APIにJava 8のイディオムや型を取り入れた。日時の処理に関しても、Java 8の新しい型をサポートし、コンポーネントへのバインディングや変換に使えるようになった。

↑ページ先頭へ