TOPセキュリティ > Googleの会話AI「Duplex」、専門家が倫理上の懸念...

セキュリティ

Googleの会話AI「Duplex」、専門家が倫理上の懸念を指摘

2018/05/15

Byron Connolly CIO

 Duplexは、人間の声を収集し、それを継続的なトレーニングに使っている。Duplexの声自体、人間の声をいくつか合成しているようだ。

 「人間側にとっては、自分のデータがどのように使われるのかをもっと知らされる必要がある。データを収集することと、そのデータの用途について、人間側の明示的な同意が必要だ」と、Abbass教授は強調する。

 さらに、ニューサウスウェールズ大学の記事では、次のような問いも提示している。Duplexを信頼して美容院の予約を任せられるのなら、緊急の電話についてもDuplexを信頼して任せられるだろうか。

 Abbass教授は、これにはプラス面とマイナス面の両方が考えられると話す。

 「車の支援システムであれば、事故などの緊急時に救急車を要請する電話をかけられるかもしれない。この場合は救命技術になる。一方、会話AI技術が悪用されれば、他の技術と同様に、その場合は不適切な行為であり、違法行為にあたる可能性すら考えられる」

 Abbass教授は、延々と続く人間の議論にこの技術が耐えられるようになるまでには、まだ長い道のりが必要だと考えている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ