TOPSoftware > IEEE、AIなどの自律システムの倫理面を論じた文書の第2版...

Software

IEEE、AIなどの自律システムの倫理面を論じた文書の第2版を公開

2017/12/18

George Nott Computerworld

 インテリジェントシステムに携わっている人々は、この文書によって、自分たちの取り組みの結果について責任を負うことになるとCalvo氏は言う。

 「未来の技術リーダーは、技術面以外の影響について責任を担い、深く考えるようになる。弱者への影響、プライバシーや公正さへの影響、肉体的・精神的な健康への影響、さらには隠れたバイアスや道徳的影響の解明などだ。人間が開発するテクノロジーが、人類と地球に本当の恩恵を確実にもたらす方向に進むうえで、この文書は前向きな一歩だ」

 IEEEは同文書について、行動規範や職業倫理規定ではないと説明している。

 IEEEが目標の1つとして挙げているのは、「自律型のインテリジェントなテクノロジーに対する不安からも、無批判の称賛からも脱却すること」だ。また、技術者に啓発、トレーニング、能力を与え、倫理面の考慮を優先した開発を進めてもらうことも目指している。

 「技術と倫理的価値観とを明示的に整合させることで、こうした新たな手段を使ったイノベーションを前進させながら、その過程で生じる不安を減らすことができる」とIEEEは説明している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ