TOPSoftware > Googleマップと検索で旅行計画をもっと便利に、新機能が続...

Software

Googleマップと検索で旅行計画をもっと便利に、新機能が続々登場

2018/10/02

Michael Simon PCWorld

 米Googleに自分の居場所を四六時中把握されている人も多い昨今だが、旅行の計画を立てるとなると、最初に思い浮かぶのはGoogleの名前ではない。その状況を変えるべく、同社は新機能の投入を進めている。

Credit: Google

 最初は「Googleマップ」アプリの新機能だ。2018年5月の「Google I/O」で発表したグループプランニング機能を、AndroidとiOSの同アプリについに搭載した。飲食店やどこかのスポットに皆で行く計画を立てる時に、目的地の「候補リスト」を素早く作成し、参加者間で共有・編集・投票できる。これを使えば、グループ内でテキストメッセージを大量に送り合う必要がない。

 候補リストを作るには、Googleマップアプリで飲食店やスポットなどを通常どおり検索し、検索結果の中からリストに追加したい項目を長押しする。小さな振動を感じたら、候補リストに加わった合図だ。候補リストは、画面左側の丸型アイコンに作成される。このアイコンは右側に移動することもできる(ちなみに、候補リストではなく従来のリストを編集する場合は、目的の項目の保存アイコンをタップすれば、新しいリストを作成したり、作成済みのリストに追加したりできる)。

 こうして作成した候補リストを他の人に送るには、丸型アイコンをタップし、共有ボタンをタップする。リストを受け取った人は、それぞれの候補を良いと思うかどうかを投票できる。候補リストは、Android、iOS、Mac、PCのどのプラットフォームでも閲覧できる。なお、作成した候補リストを送ってからでないと、別の候補リストを作成することはできない。送った候補リストは画面から消えるが、送信に使ったアプリで送信済みメッセージに残っているリンクからいつでもアクセスできる。

↑ページ先頭へ