TOPSoftware > Firefox、Windows XP/Vista対応版のサポ...

Software

Firefox、Windows XP/Vista対応版のサポートを終了

2018/09/12

Gregg Keizer Computerworld

 米MozillaのWebブラウザー「Firefox」は、米MicrosoftのWindows XPとWindows Vistaに対応する最後のバージョン「Firefox ESR 52.9」のサポートを、2018年9月初めに終了した。今後、両OSで動くFirefoxにはセキュリティアップデートが提供されない。

Credit: IDG

 FirefoxのエンジニアであるChris Hutten-Czapski氏は、9月5日付けの個人ブログ記事で次のように述べている。「Microsoftがサポートをやめた後、XPのサポートを延々と続けるのは苦労が伴い、リソースの投入が必要だった。XPに時間を取られ、他のことに取り組めなかった」

 MicrosoftによるOS自体のサポートは、Windows XPに対しては2014年4月、Vistaは2017年4月にそれぞれ終了していた。Firefoxは、2018年6月26日リリースのFirefox ESR 52.9まではWindows XPと同Vistaに対応してきたが、このバージョンは9月4日をもってサポート期間が終了し、セキュリティパッチが提供されなくなった。後継バージョンはFirefox ESR 60.2だ。

↑ページ先頭へ