TOPIndustries > SpaceXのロケットが爆発 Facebookの通信衛星も焼...

Industries

SpaceXのロケットが爆発 Facebookの通信衛星も焼失

2016/09/05

Sharon Gaudin Computerworld

 米フロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地のロケット発射台で現地時間2016年9月1日、2日後の打ち上げを予定していた米Space Exploration Technologies(SpaceX)のロケット「Falcon 9」が爆発を起こし、搭載していた通信衛星と共に失われた。この衛星は、米Facebookがインターネット接続を提供するために使用する予定のものだった。

Credit: U.S. Air Force 45th Space Wing

 爆発が起きたのは現地時間午前9時7分。ロケットと衛星は発射台に設置されており、現地時間9月3日の発射に向けてエンジンを試験中だった。この事故で、ロケットと積載物はすべて失われた。

 Facebookはこの衛星を、サハラ砂漠以南のアフリカ各地にインターネット接続インフラを提供するプロジェクトで使う計画だった。

 Facebookの共同創業者でCEO(最高経営責任者)のMark Zuckerberg氏は、事故発生前の8月31日、ナイジェリアのラゴスで、開発者やFacebookコミュニティのメンバーを集めたタウンミーティングに参加し、その中で同衛星に言及して、今回の打ち上げについて広く注目を集めたばかりだった。

↑ページ先頭へ