TOPSoftware > MicrosoftはOffice 365移行促進を強硬へ?G...

Software

MicrosoftはOffice 365移行促進を強硬へ?Gartnerが予測

2018/06/22

Gregg Keizer Computerworld

 米Microsoftは今後も企業ユーザーに対してOffice 365の導入を強く求めていくとの見通しを、米Gartnerのアナリストが示した。具体的には、Office 365の企業向けクラウドサービスを、永続ライセンス版(一度購入したらずっと使えるバージョン)のOfficeからは利用できないようにするとのことだ。

Credit: Martyn Williams

 この見通しは、GartnerのMichael Silver氏とStephen Kleynhans氏が、4月に作成した顧客企業向けレポートで明らかにしたもの。あと2年半でそのような規約が設けられると両氏は見る。

 「Microsoftは、Office 365のオンラインサービスにアクセスできるのはOffice 365 ProPlusのみに限定することを、2020年末までに発表するはずだ。従来版のOfficeでは使えなくなる」とし、企業がITの計画や予算にこの想定を加味すべきだとしている。

 Office 365 ProPlusは、サブスクリプションベースでローカルにインストールして使う「Word」「Excel」「Outlook」などのクライアントアプリケーション群だ。Office 365のサブスクリプションの中心的な構成要素の1つである。

↑ページ先頭へ