TOPSoftware > Windows 10の開発プレビュー版、端末間でクリップボー...

Software

Windows 10の開発プレビュー版、端末間でクリップボード共有が可能に

2018/05/14

Mark Hachman PCWorld

検索のプレビュー機能の向上

 Cortanaの検索ボックスでは、ドキュメントとアプリのどちらも検索できるが、今回のビルドでは、例えばPowerPointなどのアプリを検索した時に、PowerPointドキュメントなどの関連情報も表示されるようになった。

 アプリを検索すると、状況に応じてサブメニューが表示され、URLやファイルをブラウザーで開くといった追加のオプションが示される。また、検索ウィンドウの幅が広がり、これまでより多彩なコンテンツを表示できるようになった。

メモ帳が各種の改行コードに対応

 Build 2018の基調講演で、メモ帳がLinuxの改行コード(LF)に間もなく対応するとの発表があり、会場を沸かせた。今回のビルドでは、これが実装されたうえ、以前のMacintoshの改行コード(CR)にも対応した。再び歓声が上がりそうだ。

 また、メモ帳にBingの検索機能も加わった。検索したい語句を選択して、右クリックのメニューから検索を実行できる。Setsの場合は、新しいタブで検索結果が開く。

そのほかの新機能

 そのほかにも細かな改良が2つ加わった。1つは、スタートメニューでアプリをフォルダーにグループ化して名前を付けられる機能。もう1つは、数多くの要望の声に応えて、ファイルエクスプローラーがダークテーマに対応した。

↑ページ先頭へ