TOPNetwork > Microsoftが電子書籍ストアを閉鎖、購入書籍は7月から...

Network

Microsoftが電子書籍ストアを閉鎖、購入書籍は7月から利用不可に

2019/04/04

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは2019年4月2日、「Microsoft Store」の電子書籍ストアを閉鎖した。同社のコンシューマー向けサービスがまた1つ消えたことになる。

Credit: Mark Hachman / IDG

 この日、ストア閉鎖の報は静かにもたらされた。Microsoft Storeアプリの隅にひっそりと告知が表示され、「Books」タブが削除された。告知をクリックすると、同社サポートサイトに用意されたFAQページが開き、主な疑問への答えが得られる。中でも、消費者として特に気になるのは、購入済みの電子書籍は一体どうなるのかという点だ。

 一言で表すと、消えてなくなる、というのが答えだ。2019年7月のどこかの時点で、購入済みの電子書籍は一切読めなくなり、購入代金の全額が返金されるという。購入を予約していた書籍がある場合は、キャンセル扱いとなり、料金は発生しない。無料版の書籍も、同じく7月に読めなくなる。

↑ページ先頭へ