TOPNetwork > AppleがFacebookとGoogleの企業証明書を一時...

Network

AppleがFacebookとGoogleの企業証明書を一時無効化、規約違反で

2019/02/04

Leif Johnson Macworld

 プライバシーを重視するという米Appleの言葉は本気だ。Appleは1月末、社内向けiOSアプリ開発プログラム「Developer Enterprise Program」の規約に反してユーザーデータ収集アプリを配布していたとして、米Facebookと米Googleの2社に対し、同プログラムの企業証明書を無効化する措置を相次いで講じた。

Credit: Roman Loyola

 Facebookに関しては、「Facebook Research」というアプリを配布してユーザーの個人データを集めていたと米TechCrunchが報じ、Appleは1月30日に同社の企業証明書を無効化した。このアプリは、昨年Appleが削除処分にしたデータ収集アプリにカムフラージュを加えたようなものだという。さらにGoogleも、「Screenwise Meter」というアプリで同様のデータ収集を行っていたことを認め、Appleは同社の企業証明書を無効化したと米The Vergeなどが報じた。

 Googleにとって幸いだったのは、証明書が復旧する見通しがすぐに立ったことだ。米Bloombergによると、Googleの広報担当者は1月31日の時点で次のようにコメントしている。

↑ページ先頭へ