TOPSoftware > 英Ultima、インフラから進めるインテリジェントなRPA

Software

英Ultima、インフラから進めるインテリジェントなRPA

2019/01/16

Hannah Williams Computerworld UK

 ITインフラやマネージドサービスなどを手がける英Ultimaは、反復的な業務の自動化に関して顧客企業を支援するために、「インテリジェント」なRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入に力を入れている。コンサルティング、エンジニアリング、マネージドサービスを通じて、顧客企業が最善な形と規模でRPAを展開できるようにする。

Credit: IDG

 Computerworld UKは、UltimaのScott Dodds最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。「当社は現在、『インテリジェントオートメーション』という観点のもと、さまざまな領域で自動化の提供に力を注いでいる。RPAのみならず、AI、IoT、データアナリティクスも取り入れている」

 インテリジェントオートメーションはRPAの一種で、さまざまなシステムやアプリケーションを使って人間が手作業で対応してきた業務を、機械学習を活用して自動化する。

 インテリジェントオートメーションを適用する対象は、データ管理などのフロントエンドサービスから、営業や人事などの業務、さらにはバックエンドシステムまで幅広い。インテリジェントオートメーションの強みは、プロセスを自動化し、環境内のあらゆるアプリケーションとの連携をまとめて維持できることにあるとDodds氏は説明する。

↑ページ先頭へ