業種:金融
事象:情報漏えい、不正アクセス
発生時期:2016年9月10~30日(10月26日発表)

被害内容:「フラット35」などの住宅ローンの顧客情報3万7247人分がメール管理サーバーから漏えいした可能性が高い。外部からの不正アクセスによって、役職員が受信したメールを外部に転送する設定に変更されていた。10月3日には、メールを含む情報を開示しないことと引き換えに金銭を要求するメールを、システム管理責任者が受信した。フラット35の業務委託元である住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と監督官庁に報告し、メールを含む社内システム全てのパスワードを変更した。漏えいした可能性が高いのは、返済口座の氏名、金融機関名、支店名、口座科目、口座番号など。

関連記事優良住宅ローンが顧客情報など3万7247人分を漏えいか、外部からの金銭要求も(ITpro、2016/10/27)