ソニーは、米ラスベガスで2018年1月9日(現地時間)から開催中の「CES 2018」で大型ブースを出展。犬型のエンターテインメントロボット「aibo」や車載向けのイメージセンサー技術、「Xperia」シリーズのスマートフォン新版などを展示した(写真1)。

写真1●CES 2018のソニーブース(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「aibo」の実機を海外で初公開

 CESの開幕に先駆けて開催したプレスカンファレンスには、ソニー代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)の平井一夫氏が登壇(写真2)。日本で2017年11月に発表した「aibo」を海外で初めて披露し、「ソニーによるAI(人工知能)とロボティックスへの取り組みにおいて、aiboは始まりに過ぎない」と語った。

写真2●「aibo」を披露するソニー代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーブースにはaiboの展示エリアを設け、2台の実機によるデモを公開した(写真3)。来場者が触れることはできなかったが、展示スタッフと触れ合いながら様々なしぐさを見せる様子が、来場者の注目を浴びていた。

写真3●ソニーブースでaiboの実機を公開
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら