“大掃除”に取り組む前に、まず現場の状態を把握する必要がある。タスクの所要時間を測り、さらに利用部門にとって価値ある作業かどうか考えよう。そこから掃除しがいのある問題・課題が見付かるはずだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら