オウケイウェイヴの加納 憲一郎氏(技術本部 副本部長 アドバンスト開発部 マネージャー)はかつて、システムの変更作業で大きなミスをした。本番データを間違えて大量に更新してしまったのだ。利用部門の責任者から怒鳴られ、その後上司にも怒られ「とことんへこんでしまった」(加納氏)。

[画像のクリックで拡大表示]

 このように、自分の大きなミスでへこんだときは「現場で気持ちを落ち着かせる」「仕事から離れて気分転換する」「起こった出来事を振り返る」の三つのステップで気持ちを上方修正しよう。これが復活術の基本になる。

大きなミスでへこんだときの復活術
気持ちの落ち着かせ、気分転換、振り返りの三つのステップを踏むことで復活できる
[画像のクリックで拡大表示]

脳の仕組みを使って落ち着く

 第一ステップは現場で気持ちを落ち着かせる。それには、意識的に体を動かすようにしよう。例えば自分の席から立って歩く、話す。メールを処理するでもよい。アイ・ティ・フロンティアのPM、田添智士氏(技術本部 インダストリーセンター 第2部)はへこんだときは意識的に自席を立つ。「歩くと冷静になって、ほかのことを考えられる」と効果を語る。

 意識的に動くと落ち着くのは脳の仕組みが関係している。脳神経外科医の築山 節氏(河野臨床医学研究所付属北品川クリニック 所長)によると、脳では感情と運動をつかさどる部位は分かれていて、血液によるエネルギー供給はどちらか一方にしかできない。へこんでいるときは感情の部位にエネルギーが供給されている。そこで「意識的に動き、感情の部位にエネルギーを供給させないようにすれば、へこんだ気持ちは薄れていく」(築山氏)。

 開き直りの言葉を心の中でつぶやくのも有効だ。三井情報の金田慶春氏(サービス事業本部 DCサービス営業部 部長)は大きなミスでへこんだ直後、「何も自分の命まで取られるわけじゃない」と心の中でつぶやく。「ミスで強く感じた深刻度が薄れる」(金田氏)という。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら