インテルとAMDが相次いで、普及帯向けにマルチコアCPUを投入するようになった。2016年までは、普及帯向けといっても多くて4コア/8スレッドで、薄型モバイルPC向けは2コア/4スレッドが普通だった。だが2017年に入ってからは、この常識が通用しなくなった。

主なCPUブランドとコア数
[画像のクリックで拡大表示]

 先手を打ったのはAMDで、2017年3月に最大8コア/16スレッドの「Ryzen 7」を投入。やや遅れたがインテルも、10月に6コア/12スレッドの「Core i7-8700K」を投入している。インテルは薄型モバイル向けにも4コア/8スレッドの「Core i7-8650U/8550U」を投入しており、AMDも2018年初にはこれに追従すると見られている。

AMDの「Ryzen 7」
(出所:AMD)
[画像のクリックで拡大表示]
インテルの第8世代Core
(出所:インテル)
[画像のクリックで拡大表示]

 普及帯のもっと上、パワーユーザーなどの「エンスージャスト」向けとなると、インテルがまず10コア/20スレッドの「Core i9-7900X」を7月に発売。8月にはAMDが16コア/32スレッドの「Ryzen ThreadRipper」を投入、10月にインテルが18コア/36スレッドの「Core i9-7980XE」でこれに応酬するという、まるでコアの数を競うがごとき状況になっている。なぜこのような状況になったのかを、まずはご説明したい。

インテルのCore i9
(出所:インテル)
[画像のクリックで拡大表示]
AMDのThreadRipper
(出所:AMD)
[画像のクリックで拡大表示]
タスクマネージャでCore i9のCPU使用率を表示したところ
[画像のクリックで拡大表示]
タスクマネージャでThreadRipperのCPU使用率を表示したところ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら