日報や案件管理などの業務システムを平易な開発手順で作れるクラウドサービスとして知られる、サイボウズの「kintone」。誰でも簡単にWebアプリケーションを短時間で作れるので、脱Excel方眼紙に役立つ。サードパーティのプラグインを利用すると、Excel方眼紙で作成した帳票をそのまま使うことも可能だ。

サイボウズの「kintone」
[画像のクリックで拡大表示]

 kintoneは、グループウエアのサイボウズOfficeやガルーンを提供するサイボウズの業務アプリ開発サービスだ。サイボウズOfficeはパッケージ版とクラウド版の双方を提供しているが、kintoneはクラウド版のみだ。

 想定する利用者の層は、システム開発経験のないユーザーで、「大半のユーザーが“脱Excel”を入り口に利用を始めている」(サイボウズの伊佐政隆kintoneプロダクトマネージャー)。エンドユーザーから数億円規模のプロジェクトまで、1日当たり約1000個のkintoneアプリが作られているという。

製品名kintone
開発サイボウズ
脱Excel方眼紙向けの主な機能ワークフローを簡便に定義できる「プロセス管理」、kintoneアプリのレコードごとに付けられるコメント機能、帳票印刷など機能を拡張するプラグイン機能など
テンプレートkintoneアプリストアで業務・業種・利用シーン別のkintoneアプリを用意するほか、サイボウズおよびサードパーティのプラグインによるアプリ機能の拡張が可能
動作環境SaaS
価格(税別)ライトコースが1ユーザー当たり月額780円、スタンダードコースが1ユーザー当たり月額1500円(最低利用ユーザー数は5)
URLhttps://kintone.cybozu.com/jp/

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら