Googleが規制されている中国では、検索エンジンは百度(バイドゥ)の一人勝ちだ。一時は中国IT企業のトップランナーに躍り出たが、最近はスマートフォン時代への対応に苦しむ。目下、人工知能への集中投資で打開を狙う。

 バイドゥは2000年の設立当初から中国語での検索に力を入れ、シェアを伸ばしてきた。創業者の李彦宏氏は当時増えていたシリコンバレーからの出戻り創業者だ。李氏は北京大学でコンピュータサイエンスを専攻し、卒業後に渡米してシリコンバレーでエンジニアを務めた。

 2010年に米グーグルが中国市場から撤退した後、バイドゥの存在感は一層増して中国のインターネット検索で圧倒的な地位を占めた。その後も地図サービス「バイドゥ地図」、翻訳サービス「バイドゥ翻訳」を相次いで開始。中国のIT企業の代表格となった。

バイドゥ本社ビル(筆者撮影)
中国のシリコンバレーと呼ばれる北京市中関村にある
[画像のクリックで拡大表示]

 中国の三大インターネット企業を示す「BAT」でバイドゥが先頭に置かれているのは、同社こそが中国のネット企業をけん引するリーダーだったからだ。ただ、インターネット端末の主役がスマートフォンに変わってからは勢いに陰りがある。

 テンセントとアリババがスマートフォン時代を見据えたサービスと新たなエコシステムを生み出したのに対し、バイドゥは検索サービスにこだわって他領域への進出が出遅れた。守勢に回った結果、時価総額も売上高もテンセントやアリババの後塵を拝している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら