中国の阿里巴巴集団(アリババグループ、以下アリババ)は2017年11月11日、同社の電子商取引(EC)マーケットプレイスで1683億元(約2兆8776億円)の取引総額を達成した。1年間の累計ではない。11月11日の1日、24時間の取引総額だ。

2017年11月11日に1683億元の取引総額
(出所:中国アリババグループのWebサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 数字の「1」が並ぶ11月11日は「独身の日」とされ、中国のEC業界の一大イベントになっている。仕掛けたのはアリババだ。1日限定セールを実施して大成功を収めている。セールを開始した2009年から伸び続け、2017年も前年比39%増と勢いが止まらない。

 日本最大のECマーケットプレイス企業である楽天と比較すると、数字の大きさを実感できる。楽天の2016年度通期決算によると、国内でのEC事業の流通総額は2016年1月~12月の1年間で3兆95億円。アリババは楽天の国内EC事業1年間に迫る数字を、11月11日のわずか1日でたたき出した。

時価総額は50兆円を超える

 中国のインターネット人口は増加の一途をたどり、2016年には約7億3100万人となった。インターネット人口の増加とともに、インターネット小売市場の規模が拡大。小売総額に占めるインターネット通販の比率も増加している。

 中国のインターネット小売市場の規模は、2016年には前年比で29.6%増の成長となり4兆9687億元(約85兆円)に達した。インターネット人口の増加とインターネット小売市場の規模拡大に支えられ、EC企業は成長を続けている。

 その主役が中国EC企業の最大手であるアリババだ。2014年9月にニューヨーク証券取引所に上場し、11月20日時点の時価総額は4741億ドル(約53兆円)だ。現在はECにとどまらず、多角的なサービスを提供するネット企業として成長を続けている。

 アリババの創業は1999年。浙江省の省都、上海を中心とする長江デルタの重要都市、古きよき都市として知られる杭州市内のアパートの一室で産声を上げた。創業者の馬雲(ジャック・マー)氏(元CEO、現会長)は英語教師の経験もあり、弁舌に長けた人物として知られている。世界に向けて発言し、中国を代表する経営者として高い存在感と強い影響力を示している。

アリババグループ創業者の馬雲氏
(出所:中国アリババグループのWebサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら