ここ数年、僕があらゆるデバイスの中で一番長時間使っているがiPadだ。仕事用途だけでなく、パーソナルユースでもかなり使い込んでいる。製品としての完成度が高く、実用性にも満足しているからこそ毎日使っている。

 でも、使用時間が長いからこそ不満点も出てくる。気に入っているiPadだが、実はちょっとイラッと感じている点と解消策を紹介していく。

コントロールセンターの表示方法

 iPadはiOS 11にバージョンアップしてマルチタスクの操作がしやすくなり、ファイル管理も可能になった。iPadには多くの恩恵があったといえる。でも、良いことばかりではなかった。

 ディスプレイの明るさ調整にコントロールセンターを使うようになり、画面の下から上にスワイプさせて表示するように操作が変わった。まあそれはそれでよいのだが、同時に新搭載されたDockも、アプリを使っているときは表示されず、画面の下から上にスワイプする方式だ。

 つまりアプリ使用時は、一度スワイプするとDockが表示され、さらにもう一度スワイプするとコントロールセンターが現れる。これがちょっと困りもので、慌てているとDockの上のアイコンを移動させてしまうことがある。

 その結果、意図せずマルチタスクでアプリが動作し、画面の右に別のウィンドウが現れる。マルチタスキングを解除するにはホームボタンを押して…、という面倒な操作が必要になる。

 そこで、これまで習慣となっていた操作方法を変えて、コントロールセンターはホームボタンの2度押しで表示させることにした。でもこの操作は、iPhone Xを利用しているユーザーにはできない。ホームボタンがないからだ。iPhone XとiPadで操作方法を変えなければならない。

 iOSの進化は大歓迎だが、iPhone Xを含めて操作性をもっとそろえてほしいと思う。

Dockを表示するには画面の下から上にスワイプする
[画像のクリックで拡大表示]
コントロールセンターを開こうして操作を誤る
[画像のクリックで拡大表示]
ホームボタンの2度押しのほうがスマートだがiPhone Xでは不可能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら