閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

日経SYSTEMS ゼロから理解するクラウドネイティブアプリ

日経SYSTEMS

目次

  • [最終回]事例に学ぶ

    クラウドネイティブ化を実践 リスク抑え、アイデアを形に

     Webポータルサイトをクラウドネイティブに作り変えた事例を紹介する。アプリの構造が複雑でサービスをタイムリーにリリースできないという課題に対し、マイクロサービスアーキテクチャーを取り入れた。組織体制などを工夫しアジャイル開発のプロジェクトを成功に導いた。

  • [第5回]クラウドプラットフォーム

    コンテナ運用を効率化する サービスメッシュ管理も不可欠

     クラウドネイティブアプリを開発・運用するには、クラウドプラットフォームの整備が欠かせない。コンテナ化やオーケストレーション、マイクロサービスといった最新技術をどう取り込むかが成功の鍵を握る。KubernetesやIstioといった最新技術を活用したクラウドプラットフォーム紹介する。

  • [第4回]開発の勘所

    サービス単位でメンテナンス デリバリーやデプロイに工夫

     マイクロサービスの開発に当たっては、SoRとSoEの適用範囲を明確にするのが第一歩。分散トランザクションが使えないといった制約を押さえた上で、継続的デリバリーやデプロイパターン、テスト戦略といったサービス実装時の考慮点を理解しよう。

  • [第3回]マイクロサービス化を進める

    段階的アプローチを推奨 難関はDBリファクタリング

     マイクロサービス化を進めるには、サービス境界とインタフェース、モデルという3つの概念を押さえた上で、段階的に取り組む必要がある。既存DBの移行ではリファクタリングがポイントだ。設計から実装、リリースまでマイクロサービスの流儀を理解しよう。

  • [第2回]マイクロサービスとは何か

    疎結合でビジネス変化に追随 モノリスファーストが現実的

     顧客接点を担うSoEには、クラウドネイティブアプリケーションが適する。その中核を成すのがマイクロサービスだ。小さなサービスを疎結合することでメンテナンス性を高められる。従来型の開発・運用に比べた、特徴や考慮点を理解しよう。

  • [第1回]なぜ今、SoEが注目なのか

    顧客接点をスピード改善 SoEでビジネス価値を高める

     今後の企業システム開発で「クラウドネイティブアプリ」は避けて通れない。短期開発し、高頻度でメンテナンスしたい要件が増えてくるからだ。まず「System of Engagement(SoE)」と、従来型システムの違いを押さえよう。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

ネットワーク/通信サービス

もっと見る