現場観察やインタビューの結果を整理する問題構造分析は、つまずきやすいポイントがいくつもある。必要な情報がそろっていない場合や、事象を掘り下げて分析しても「真の問題」が見えない場合などだ。これら「定義」フェーズのつまずきを乗り越える裏技を紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら