「開発チームには13カ国のエンジニアがいる。メンバーの足並みをそろえるには、日本語の文章を徹底的に排除する必要があった」――。

 こう強調するのは、楽天カードの清水洋輔氏(システム開発部 会員システム開発グループ スマートデバイスチーム リーダー)だ。チームにはスマホアプリやWebシステムの開発を手掛ける13カ国50人のエンジニアが在籍する。開発プロセスにアジャイルを取り入れ、2週間~1カ月のサイクルでリリースを繰り返している。

楽天カードの開発メンバー
(出所:楽天カード)
[画像のクリックで拡大表示]

 清水氏らは2014年以降、開発スピードの向上やメンバーとのコミュニケーションを円滑にする取り組みを進めてきた。中でも設計書の改良が大きなテーマだった。何しろ13カ国のメンバーがいる。メンバー全員に意図が伝わり、開発スピードを高めるために設計書そのものを見直す必要があった。

 大きな問題は、設計書が日本語の文章を主体にしていた点である。メンバー50人中26人が外国人で、母国語や文化もバラバラ。「日本語を話せる外国人メンバーは4分の1程度」と、 リーダーを務めるアルシャル・アミーン氏(システム開発部 会員システム開発グループ Webシステム開発チーム リーダー)は打ち明ける。日本語主体の設計書に一刻も早く終止符を打つ必要があった。

 Excelベースの設計書にも問題があった。機能追加・変更に伴う設計書の更新が頻発し、多くのメンバーでファイルを共有するには適さなかった。“脱Excel”も、何としてでも達成したいテーマだった。

Wiki型情報共有ツール「Confluence」を導入

 そこで導入したのが、豪アトラシアンのWiki型情報共有ツール「Confluence」である。作図機能のプラグイン「Gliffy Diagrams」を組み込み、テンプレートを使って設計書を作るように改善した。

 ただし、これだけで全メンバーの足並みがそろうわけではない。13カ国のエンジニアに意図が伝わる書き方に改めなければならない。そのため清水氏らは、設計書から日本語の文章を排除し、視覚的・直観的にすぐ分かるビジュアル設計書を作り始めた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら