iPhone特有の振動モーター「Taptic Engine」は偏心モーターと異なり、錘が箱の中で横に滑って振動を発生させる。構造の複雑さゆえ、単価は偏心モーターの約20倍と推定される。

 これまでのiPhoneでは、Taptic Engineの製造は⽇本電産が担当していた(⼆次供給源として中国AAC社が存在する)。だが、各⽅⾯に取材したところ、iPhone 8/8 PlusのTaptic Engineは、アルプス電気もサプライヤーに加わった模様だ。ちなみにアルプス電気は、任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」のコントローラー「ジョイコン」に内蔵される振動モーターの製造も担当している。

Apple社独自の振動モーター「Taptic Engine」の位置(左上)、内側(右上)、外観(下)
iPhone 8/8 Plusではアルプス電気が量産を担当していると推定される
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 8 Plusの外観
サイズを除けば、iPhone 8とほぼ同じ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら