tracertは、コマンドを実行したパソコンから通信相手までの経路上にあるルーターを一覧表示するコマンド。経由するルーターが近いほうから順番に表示されるため、相手にパケットが届くまでの経路がわかる。tracertを使えば、どのルーターまでアクセスできてどのルーターから先でつながらなくなるのを調べられる。通信相手にアクセスできない場合に、どのルーターの付近に問題があるのかを推定できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら