テストの実行は開発工程の後半になるため、スケジュールがひっ迫している場合が多い。進捗管理を丁寧にして先を見通そうとするが、だいたいうまくいかない。人によってテストの実行スピードが大きく異なるのが原因の1つだ。テストの実行を管理する立場になると、常に悩むことになる。

 テストの実行が速い人は勤務態度が真面目で、そうでない人が不真面目というならば話は単純だ。しかし、実際の現場はそうではない。真面目に仕事に取り組んでいるのに、テストの実行が遅いという人は少なからず存在する。

 テストの実行では、手順と本来期待する結果を記載した「テストケース」に沿って、ソフトウエアの設定と実行を行い、結果や挙動を確認していく。テスト担当者には複数のテストケースが割り振られ、それを消化していく。

テストケースの例
No.テスト対象画面テスト対象エリアテスト対象要素項目トリガーパターン確認項目期待値
2お酒、タバコ通販TOP画面お酒、タバコ購入エリア「お酒」購入ボタンパターンの年齢のアカウントでログインし「お酒」購入ボタン押下P1_2
年齢:19歳
画面遷移先が正しいこと年齢制限エラー画面に遷移すること
3お酒、タバコ通販TOP画面お酒、タバコ購入エリア「お酒」購入ボタンパターンの年齢のアカウントでログインし「お酒」購入ボタン押下P1_3
年齢:20歳
画面遷移先が正しいこと購入画面に遷移すること

 技術知識、仕事への取り組み姿勢で大差がないにもかかわらず、テストケースを素早く消化する人と、なかなか消化できない人が出てくる。テストの実行スピードが異なる要因は「準備力」「段取り力」「判断力」の3つがあると、筆者は考えている。これらを意識するようになるだけで、テスト実行のスピードは格段に改善できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら