パソコンが搭載する外付け機器用のインタフェースとしては、USB Type-Cの普及が進んでいる。今回はUSB Type-Cを含む、USBとその関連規格について見ていく。

普及が進むType-Cだが種類はさまざま

 最近、USBの新しいコネクタ/ケーブル仕様「USB Type-C」を搭載するPCが増えている。搭載PCは今後さらに増えていくと思われる。

 ただし、USBのベース仕様(USB 3.1/USB 2.0)とコネクタおよびケーブルの仕様は独立したものであり、USBにはベース仕様以外の様々な拡張仕様がある。そのため同じType-Cでも、搭載する機器によって機能が異なる点に注意したい。

 確認すべき点は、まずベース仕様(速度)がどれであるか。そして充電、給電、ディスプレイ出力が可能かどうかである。なおベース仕様に関しては新たにUSB 3.2が登場しているが、ここではUSB 3.1までを前提に話を進め、そのあとUSB 3.2について触れることにする。

普及が進んでいるUSB Type-Cポート。横8.34×縦2.56mmと小さく、上下の向きがないリバーシブル仕様であることが特徴だ
(撮影:鈴木 雅暢)
[画像のクリックで拡大表示]
従来のType-Aポートも引き続き、ほとんどのPCに搭載されている
(撮影:鈴木 雅暢)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら