プロジェクトを本格的に動かす前に、要求もある程度具体化しよう。要求は顧客の声から探る必要があるが、その声が本質を捉えているとは限らない。本質を捉えるには要求をいったん概念化した上で、具体化し直す必要がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら