「IBM Watson」を利用したコグニティブシステムの構築には、新しい技術であるがゆえに、これまでのシステム構築とは違った注意点が存在する。Watsonを活用するシステムのアーキテクチャー構築にあたり、アーキテクトが注意すべき事項について、筆者の経験を基に勘所を紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら