(撮影:伊藤朝輝、モデル:姫野つばさ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「電話の再発明」と称されて登場したiPhone。今やそれ以外の用途で使われる場合が多いかもしれない。しかし、iPhoneの電話機能も進化していて、覚えておくと便利な機能がある。

 今回は「会議中に電話がかかってきた時」「緊急事態に遭遇した時」など、いざという時に使えるiPhoneの電話機能に着目しよう。

ボタン操作でコール音だけを止める

 すぐには電話に出られない場所でiPhoneに着信があり、慌ててしまったことはないだろうか?会議中などの静かな場所では、サイレントモードにしてあっても振動が長く続くと気まずくなるもの。そんな時は、次の2つのワザで切り抜けよう。

  • 音量ボタンまたはサイドボタンを1回押すとコール音が止まる
  • サイドボタンを2回押すと着信が切れる

 ホームボタンでなければどのボタンでもよいので、手探りでもある程度操作できるところがポイントだ。コール音を止めても相手からの呼び出し自体は続いているので、画面で相手を確認し場所を変えて電話に出ることも可能だ。

 そこまで緊急でないと判断できるなら、サイドボタンを2回押せば着信拒否となる。留守番電話サービスを利用していればそちらにつながる仕組みになっている。覚えておくと、とっさの場合にかなり便利だ。

 念のために確認しておくと、「サイドボタン」はiPhoneの向かって右横にあるスリープ/スリープ解除、電源オン/オフなどに使うボタンのこと。iPhone 7以前の機種では「スリープ/スリープ解除ボタン」と呼ばれており、iPhone SEだと上部にある。

 着信時に、画面の「メッセージを送信」をタップし、SMSで電話に出られない旨のメッセージを送って切る方法もある。

 標準設定のままだと、「現在電話に出られません。」といった、味気ないメッセージが送信されてしまうが、変更も可能だ。「設定」アプリから「電話」「テキストメッセージで返信」をタップし、表示された画面で、オリジナルのメッセージを入力しておくとよい。

 ただ、SMSの送信は1通ごとに発信側に料金がかかる点、相手が固定電話だと基本的に受信できない点には注意が必要だ。

iPhoneに着信した際、サイドボタンを1回押すと呼び出し状態を維持したままコール音(バイブ)だけを止められる。2回押すと着信が切れる
[画像のクリックで拡大表示]
着信画面で「メッセージを送信」をタップすると送信されるメッセージ内容は、自由に変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら