(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneの「メモ」アプリは、テキストだけでなく写真や音声、位置情報など様々な情報を、すばやく保存できる。備忘録にもうってつけだ。

 そこで重要になるのは、「素早くメモする」「目的のメモを見つけやすくする」ためのテクニックだ。今回はそれに役立つ機能を紹介しよう。

iPhoneに素早くメモする

 思いついたことを一刻も早くiPhoneにメモするなら、「メモ」アプリをコントロールセンターに登録しておくとよい。コントロールセンターは、画面下から上にスワイプすると現れる、簡易操作ウインドウだ。iPhone Xでは画面右上から下にスワイプすると表示される。

 コントロールセンターを活用すると、別アプリの使用中でもロック画面からでも、必要なアプリを一発で呼び出せる。ホーム画面の「メモ」をタップするよりも少ない手順で起動できる。

 コントロールセンターに「メモ」を登録するには、設定画面の「コントロールセンター」から「コントロールをカスタマイズ」画面を表示して行う。ここで「含める」欄に「メモ」を追加すればよい。

 コントロールセンターの「メモ」はいつでも呼び出せて、基本的には新規メモの作成画面になる。これも素早くメモするのに便利だ。

 ホーム画面から起動すると、前回表示していた画面になるため、新規メモを作成するには新規作成ボタンをタップしなければならないことがある。大した手間ではないと思うかもしれないが、iPhoneでメモをこまめに取るようになると、やっぱり手間なのだ。

「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールセンターをカスタマイズ」とタップして表示された画面で、「メモ」を「含める」欄に追加しよう
[画像のクリックで拡大表示]
コントロールセンターを表示すると「メモ」のアイコンが追加されている(画面では下段の左端)。タップで「メモ」にアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

 コントロールセンターの「メモ」から起動した時に、常に新規のメモ作成せず、最後にアクセスしたメモに続けて書くような設定も可能だ。メモを細切れにしたくない場合にはそちらのほうがいいかもしれない。

 その設定をしたいなら、「メモ」の設定画面で「ロック画面からメモにアクセス」を開き「最後のメモを再開」を選択する。ただし、最後にメモにアクセスしてから「新規メモを作成」欄で選んだ時間が経過すると、再開しないこともある。

 同じ画面に「ロック画面で作成」と「“メモ”Appで表示」の2つを選ぶ項目がある。違いがわかりにくいのだが、前者はロックを解除せずにメモ画面になり、後者はメモ画面になる前にロックの解除を求められる。現在のiPhoneでは指紋認証や顔認証でロックを解除できるので、安全性という意味でも後者をお薦めしたい。

「設定」→「メモ」→「ロック画面からメモにアクセス」とタップした画面で「最後のメモを再開」を選択すると、設定時間以内なら最後にアクセスしたメモに追記できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら