ロック中のメモを見せているところ
(撮影:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone標準の「メモ」アプリは、バージョンアップに伴い多機能なノートアプリに進化している。もちろん、覚書のような短い文章を書き留めておく、気軽な使い方をサポートする機能も充実している。

 今回は他人には見られたくないメモを守る機能を紹介しよう。

見られたくないメモにカギをかける

 iPhoneの「メモ」は、記録したメモ単位でパスワードを設定し、ロックをかけることができる。通常のメモはアプリを起動したらすぐに読めるが、ロックされているメモはパスワードを入力しなければ開けない。iPhoneのスクリーンロックと合わせると、二重にロックをかけることになる。

 もし他人にiPhoneを操作されたとしても、ロックしたメモだけは読まれないようにするといった使い方ができるわけだ。

 ロックを設定するには、メモを表示している状態で画面右上の共有ボタン(四角形から上に矢印が出ているアイコン)をタップしよう。表示された画面で「メモをロック」を選ぶ。

 初めてこの操作を行ったときだけ、続いてパスワードを設定する画面が表示される。すでにパスワードを設定してあるなら、そのパスワードを入力してロックする。

 基本的に設定できるパスワードは1つだけ。メモごとにパスワードを変えるといった使い方はできない。

 また、ロックしたメモには一覧画面で鍵マークが表示される。ロックしたメモを表示させない、といった機能はない。「やましいことがあるからロックしている」と思われたくないなら、メモ以外の、サードパーティ製アプリを選ぶ必要がある。

ロックしたいメモを表示した状態で画面右上の共有ボタンをタップ。表示された画面で「メモをロック」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
ロックされたメモは一覧画面で鍵マークが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら