(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビジネスでもプライベートでも必携のツールとなりつつあるiPhone。この連載では、長く使っている人でも気付いていない、iPhone標準の機能や、標準アプリの知られざる便利機能を紹介する。

 当初はテキストのちょっとしたメモ情報しか扱えないシンプルなアプリだったiPhone標準の「メモ」アプリ。実は多機能なデジタルノートアプリに進化しているのをご存じだろうか。

 手書きのメモはもちろん、写真や動画、音声、Webページのリンク、マップ情報など、さまざまな形式の情報を保存しておけるようになっている。この「メモ」を活用する方法を探っていこう。

紙の書類をスキャンしてメモに保存しよう

 まずは「メモ」の多機能ぶりを表す「書類をスキャン」機能を紹介したい。最新のiOS 11で追加されたこの機能を使うと、紙の書類をiPhoneのカメラでスキャンし、メモに保存できる。

 カメラで捉えた書類の形を自動的に認識し、斜めの角度から撮影しても正面から撮影したように取り込んでくれる補正機能付きだ。書類を撮影した時に写り込んだiPhoneの影、照明の反射を自動的に取り除く機能も優秀。きれいで読みやすく取り込めるので、書類を写真に撮って保存していた人にもお勧めしたい方法だ。

 こうした機能は、サードパーティー製のドキュメントスキャナアプリを愛用しているユーザーにはお馴染みかもしれない。「メモ」がサポートしたおかげで、わざわざアプリを探してインストールしなくても使えるようになった。名刺やレシート、手書きのメモなども手軽にiPhoneに取り込めるので、誰にとっても利用価値は高いだろう。

 書類をスキャンするには、画面のキーボード上部にある「+」をタップして表示されるメニューから「書類をスキャン」を選ぶ。画面にキーボードが表示されていない場合は、画面下部の「+」をタップしよう。

 カメラの画面になるので、取り込みたい書類全体が入る位置に構えて安定させると、書類を自動的に認識してシャッターが切れる。画面右上に「自動」と表示されている状態なら、そのまま別の書類を写せば連続で取り込める。

 「自動」をタップして「手動」に切り替えた場合は、シャッターボタンを自分で切らなければならないが、その後トリミング枠が表示されるので、書類の一部のみを取り込むこともできる。会議で使ったホワイトボードの記録用に「書類をスキャン」を使う場合は、手動の設定で分割して取り込む方法がお勧めだ。

 書類の取り込みが終わったら画面右下の「保存」をタップしよう。

「メモ」を起動してキーボード上部にある「+」をタップするとこの画面になるので「書類をスキャン」をタップしよう
[画像のクリックで拡大表示]
カメラで書類を捉えると認識したことを示す黄色い枠が現れ、自動的にシャッターを切る。書類の取り込みが終わったら画面右下の「保存」をタップ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら