本連載はこれまで、着眼点や思考のポイント、もしくは対話の手法などの発想法を中心に紹介してきました。こうした発想法に、デジタルツールの活用を加えれば、より発想の幅を広げる効果が期待できます。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら