閉じる

ステップでわかる! 企業ネットワーク まるごと構築術

日経NETWORK

目次

  • [最終回]SDN/SD-WAN:集中管理が最大のメリット

     ここ数年、ネットワークの構成や挙動をソフトウエアで制御する「SDN」を売り文句にした製品が数多く登場してきた。さらにSDNをWANに適用した「SD-WAN」といった新しい技術も登場。ネットワーク構築に際して、こうした新技術を導入するかどうかも検討する必要がある。

  • [第5回]クラウド/認証:社内とクラウドのIDを一元管理

     企業のITインフラや業務システムは、社内にハードウエア資産を保持する「所有型」から、クラウドサービスを活用する「利用型」に移行しつつある。特に、メールや情報共有などの情報系システムでは、米マイクロソフトが提供する「Office 365」や米グーグルが提供する「Google Apps」といったSaa…

  • [第4回]セキュリティ:UTMを中心に多層防御を実現

     悪意ある攻撃者からの不正アクセス防御や個人情報など重要情報の漏洩対策に頭を悩ませている企業は多いだろう。こうしたセキュリティをいかに確保するかは、企業のネットワーク構築において大きな課題である。

  • [第3回]無線LAN:認証を活用してセキュリティを高める

     今回は、企業への導入が進んでいる無線LANの導入を解説する。無線LANは、エリア内であればユーザーが自由な場所でネットワークを利用できるが、そのぶん利用制限しにくくなるため、セキュリティに気を配る必要がある。

  • [第2回]WAN/VPN:拠点数を目安にサービスを選択

     今回は、支社、営業所、工場、店舗といった地理的に離れた拠点同士のネットワークを実現するWANの構築を解説する。複数の拠点を持つ企業にとって必要不可欠なインフラである。

  • [第1回]LAN:スイッチは20ポート単位で考える

     この連載では、企業のネットワークを構築する際のノウハウを一から紹介する。第1回は、企業のネットワークの根幹を成すLANの構築だ。LANの設計から構築までの流れを上の図にまとめた。この図の流れに従って、ポイントを解説していこう。

日経 xTECH SPECIAL

経営

クラウド

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る