閉じる

Reboot! 図解で学ぶネットワークの基礎

日経NETWORK

目次

  • ARP(Address Resolution Protocol)

    イーサネットとIPの連係動作を理解しよう

     ネットワークでデータをやり取りする仕組みを理解しようと思ったとき、最初につまずくのが、イーサネットとIPの関係だ。

  • FTP(File Transfer Protocol)

    長年使われる完成度の高いファイル転送の標準プロトコル

     今回のテーマであるFTP(File Transfer Protocol)は、非常に基本的なプロトコルだ。その名の通り、コンピュータにとって最も基本的な要素である「ファイル」を、リモートコンピュータに転送するという役割を担う。このためインターネットの黎明期からある非常に古い存在だが、今でも相変わらず…

  • DNS(Domain Name System)

    ドメイン名を基にして IPアドレスを調べる仕組み

     Webブラウザーに「http://www.nikkeibp.co.jp」のような文字列を打ち込むとWebサイトにアクセスできる─。このことは、一度でもインターネットを使ったことがある人なら誰でも知っている常識だろう。インターネットはいまや、大人から子どもまで、コンピュータやネットワークに関する知識…

  • RTP(Real-time Transport Protocol)

    遅延や劣化をなるべく抑えて音声や映像データを届ける仕組み

     IP電話やテレビ会議、映像のストリーミング配信といった音声や映像をリアルタイムに扱うアプリケーションが企業でよく使われている。RTP(Real-time Transport Protocol)は、こうした音声や映像配信のための基盤として使われているプロトコルである。

  • SIP(Session Initiation Protocol)

    IP電話やテレビ会議に必須 呼び出してデータの通り道を作る

     IPネットワークの使い道が広がっている。メールやWebアクセスといった以前からあるデータ通信だけでなく、IP電話やテレビ会議のようなアプリケーションにも使われるようになっている。

  • PKI(Public Key Infrastructure)

    顔の見えないネットワーク取引の信頼性を保証する仕組み

     オンラインショッピング、ネットバンクやネット証券での取引など、ネットワーク上を重要な情報が当たり前のように飛び交うようになって久しい。とはいえ、ネットワーク越しの手続きの際には、顔の見えない相手とやり取りしているための一抹の不安がつきまとうのも事実である。

日経 xTECH SPECIAL

経営

クラウド

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る