米国のセキュリティ組織であるCERTコーディネーションセンター(CERT/CC)とWi-Fiアライアンスは米国時間10月16日、無線LANのセキュリティ規格であるWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)の脆弱性を公表した。国内のJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)なども10月17日、この脆弱性を脆弱性対策情報ポータルサイトのJVNに掲載して注意を呼びかけた。これを受けて、機器やOSのベンダーは対応を進めている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら