AESはAdvanced Encryption Standardの略で、TLSや無線LANなどの通信データの暗号化でよく使われる暗号化技術である。米国の国立標準技術研究所(NIST)は1997年、当時標準的に使われていた共通鍵暗号のDES(Data Encryption Standard)の安全性の低下から、DESに代わる共通鍵暗号を募集した。そのときに集まった応募案の一つ、「Rijndael」は暗号の解かれにくさ(強度)だけでなく、処理負荷や計算の速さでも評価され、2000年に選定された。これが、AESになった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら