「4K」と呼ばれる高精細の映像コンテンツが隆盛を迎えている。調査会社Gfkジャパンによると、2017年4月のテレビ販売台数における4Kテレビの数量構成比は、40~45インチでは41%にどどまるが、46インチ以上だと80%超になるという。4Kブルーレイといった映像再生機器や、4K対応VODなどの映像配信サービスも、特別な存在ではなくなってきている。

 ビデオカメラはもちろん、体などに装着して撮影する「アクションカメラ」にも数多くの4K対応モデルが登場している。静止画撮影という意味ではデジタルカメラはすでに4K以上の解像度を実現しており、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラなどでも4K動画を撮影できる機種が増えている。

ソニーの4Kビデオカメラ「ハンディカム FDR-AX700」
(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]
米GoProのアクションカメラ「GoPro HERO5 Black」なども4K動画撮影に対応している
(出所:米GoPro)
[画像のクリックで拡大表示]
4K動画撮影に対応するパナソニックのミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 PC本体や周辺機器にも「4K対応」という表示が増えていることは、ご存じの方もいるだろう。このように、「4K」はますます身近になりつつある。

 本特集では、4K動画の撮影や再生・編集・保存に必要な機材やソフト、ネットサービス、その方法などについて紹介していく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら