Q.私の上司はタバコを吸いに、頻繁に喫煙ルームに行きます。戻ってきてから匂いが気になるほか、席にいないことが多く業務に影響が出ることもしばしば。何か良い対処法はないでしょうか。

 これは会社や職場として取り組むべき課題で、社員個人ではなかなか取り組むのが難しいでしょう。しかし、世間的にはタバコの問題がクローズアップされています。会社がきちんとルール化し、社員にある程度「禁煙」を強制する必要があります。

 そもそも社員には「職務専念」の義務があります。つまり、就業中は仕事に専念しなければなりません。むやみに職場を離れてはならないのです。

 社内ルールと言っても、就業中だけの禁煙です。もちろん退社後は自由です。就業中は少し我慢してほしいと協力を求めれば、理解を得られると思います。

 受動喫煙の問題は世間で認知されるようになり、会社の喫煙ルールも変わってきました。喫煙場所を屋外に移す会社も増えています。最近多い相談は、全面的な禁煙実施や喫煙時間帯の制約についてです。

非喫煙者からは不公平の声

 タバコに関する相談は、不公平感からくるケースも多くあります。例えば以下のようなものがその代表です。

・喫煙時間は休憩ではないのか。給料が変わらないのはおかしい
・喫煙ルームが喫煙者の休憩室になっている。非喫煙者にも休憩室を用意してほしい

 非喫煙者から見ると、タバコの喫煙は「休憩」なのです。喫煙者が得をし、非喫煙者が損をする。そんなふうに非喫煙者は見ています。質問者のケースでは、業務に支障をきたすほどですから、離席時間が相当長いことが分かります。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら