企業情報システムのユーザーにとって、パブリッククラウドで最も中核になるサービスの一つが仮想マシンだ。実務でクラウドを使っていないITエンジニアであっても、仮想マシンの使い方は知っておきたい。

 米MicrosoftのパブリッククラウドAzureの仮想マシンを使うための基本知識を、今回から3回にわたって解説する。具体的には、(1)仮想マシンの作成、(2)オプションの選択、(3)テンプレートイメージの作成、(4)テンプレートイメージからの仮想マシン作成である。いずれも、Azureで仮想マシンを使ううえで必須の知識だ。

 なお作業は全て、Azureの新しいサービス基盤ARM(Azure Resource Manager)と新しい管理ポータル(Azureポータル)を使うものとする。

(1)仮想マシンの作成

 Azureで仮想マシンを作成する方法は、主に三つある。一つめは、Webベースの管理ツールAzureポータルを使う方法。二つめは、コマンドラインツールのPowerShellモジュールまたはクロスプラットフォームCLI(XCLI)を使う方法。三つめは、JSON(JavaScript Object Notation)形式の構成ファイルを作成したうえでAzureポータルまたはコマンドラインツールで作成する方法だ。

 構成の自動化や高度な構成を行うには、二つめあるいは三つめの方法を用いる。ここでは、最も簡単で一般的な、一つめのAzureポータルを使った手順を紹介する。

 Azureポータルで仮想マシンを作成するには、以下の手順に従う。

[画像のクリックで拡大表示]
仮想マシンの作成手順(前半)

1-1. メニュー選択とOSの指定

 Azureポータルの[+新規]-[Compute]を選択し、OSを指定する

1-2. 基本情報の設定

 仮想マシン名、管理者アカウント、仮想マシンのリソースグループなどを指定する。画面に表示される「お金を節約」は、手持ちのライセンスをAzureに持ち込むことを意味する。

1-3. サイズ指定

 仮想マシンのCPUコア数やメモリー容量などを指定するために「サイズ」を指定する。デフォルトで、選択したOSに最適なサイズが自動指定されることになっている。しかし実際には、Windowsの場合は最適なものより少し小さな(低速な)サイズが指定されるようだ。

 [全て表示]を選択すると、指定したリージョンで利用可能な全てのサイズが表示される。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら