デジタル技術を活用した計画的かつ創発的な変革である「デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)」に挑む企業が相次ぎ登場している。この連載では国内外の一流企業の事例を基に、デジタル変革を進めるうえでの要諦を探っている。

 前回はインドのアジアンペインツ、独アルディ、仏BNPパリバの事例を通じて、デジタル変革の概要と、3社に共通する定石を紹介した。今回は「価値創造サイクル」という考え方を導入して、変革の方法について具体的に解説する。

●今回取り上げる企業
  • ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Co.)
  • セブン-イレブン・ジャパン

再設計や創造で価値連鎖を変革し続ける

 変革の具体的な方法を説明する前に、そもそも「変革」とは何か、ITを活用した変革とはどのようなものを指すのかについて、もう少し詳しく見ていく。

 前回、企業の役割は顧客に対して様々な「価値」を提供することだと説明した。企業は製造や販売、物流、営業、マーケティングなど様々な業務プロセスで価値(バリュー)を付加して、最終的に製品やサービスとして顧客に提供する価値を高めていく。この一連の活動を価値連鎖(バリューチェーン)と呼ぶ。

 事業の変革とは、顧客に提供する価値をより高めたり、新たな価値を生み出したりするために、価値連鎖に関わる様々な要素を変えていくことを指す。価値連鎖のアウトプットである「製品・サービス」の変革、価値連鎖を構成する「業務プロセス」の変革、価値連鎖の構造そのものである「ビジネスモデル」の変革などが挙げられる。

 変革のレベルは大きく3つある。既存の機能や実現方法を基本的には変えずに、漸進的に環境への適応を目指す「改善」、既存の機能や実現方法を抜本的に見直し、断続的に再設計する「再設計」、これまでにない新たな機能を新たな方法で実現する「創造」である。

 この連載の主題であるデジタルトランスフォーメーションの「トランスフォーメーション」とは、再設計や創造のレベルの変革を意味する。顧客にとって新たな価値を創出し、企業として持続的成長を達成するために、再設計や創造によって価値連鎖を変革し続けることを指す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら