デジタル技術を活用した計画的かつ創発的な変革である「デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)」に挑む企業が相次ぎ登場している。この連載では国内外の一流企業の事例を基に、デジタル変革を進めるうえでの要諦を探る。

 今回は海外3社の事例を通じて、デジタル変革とは何かと、3社に共通する定石を見ていく。

●今回取り上げる企業
  • アジアンペインツ(Asian Paints)
  • アルディ(ALDI)
  • BNPパリバ(BNP Paribas)

最注目のデジタル化はIoT

 デジタル化、デジタル技術という言葉が昨今話題になっている。事例を見る前に、これらが何を意味するのか、企業にとってなぜ今重要なキーワードとして浮上しているのかに改めて触れておきたい。

 デジタル化とは「進歩したIT(デジタル技術)」でモノや人の振る舞いに関するデータを収集し、そのデータを解釈して何らかの意味を探知し、その結果に基づいて適切に対処する、という一連の作業を指す。ここでいう進歩したITとはスマートフォンをはじめとするモバイル、ソーシャルメディア、クラウドコンピューティングなどを指す。

 現時点で最も注目されているデジタル化は、センサーを使ってモノの動きに関するデータを収集して何らかの変化を予見し、適切にコントロールするIoT(インターネット・オブ・シングズ、モノのインターネット)だろう。設備や装置の稼働データを収集し活用して、予防保守の質や稼働効率の向上、さらにコスト削減や顧客サービスの向上につなげる。自動運転車を実現するうえでも重要な役割を果たす。

 このアプローチは人に対しても適用できる。人の振る舞いや考えに関するデータを収集してそれぞれの人の思考の変化を探知し、適切な情報やサービスを提供することで各人に応じた価値を創出する、というものだ。筆者はIoH(Internet of Human、ヒトのインターネット)と呼んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら