みなさん、モバイルしていますか?

 モバイル機器を選択するポイントはいろいろありますが、一番重要な点は「小型」であることだと思います。どれだけ優秀な機器でも、持ち歩けないような大きさや重量では、日常的に使うことができません。筆者はまだノートPCがない時代に、大型のワープロをスクーターに乗せて持ち運んでいたことがありますが、全くもって実用的ではありませんでした。

 とはいえ小型であることは、パソコンに限っては必ずしも市場ニーズとは合っていないようです。これまで、IBMのウルトラマンPC、ソニーのVAIO U、ライオス・システムのチャンドラなど多様な小型ノートPCが発売されましたが、ニッチな存在で終わってしまったように思います。噂レベルではありますが、マイクロソフトもSurface miniという小型モデルが準備していたという話がありますが、残念ながらリリースされませんでした。

クラウドファンディングで実現した新製品

 市場的に難しいと思われた小型PCですが、今年(2017年)話題の新製品が現れました。米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、中国GPD Technologyの「GPD Pocket」という機種が発表されたのです。

 GPD Pocketには、OSにWindows 10を採用したモデルとUbuntuを採用したモデルがあります。スペックは、解像度1920×1200、タッチパネル対応の7インチディスプレイと小型キーボードを搭載。サイズは180×106×18.5mm、重量は480gしかありません。メモリーは8GBで128GBの内部ストレージを搭載、CPUはIntel Atomx7-Z8750 1.6GHzを採用しています。バッテリーは7000mAhで、12時間駆動します。

 筆者はIndiegogoのWebサイトで写真を見て、“小型感”満載のデザインがいたく気に入りました。今までの小型PCの良いところを全て詰め込んだように感じて、クライドファンデングが発表された当日に申し込みました。2017年2月のことで、オーダーIDは500番台でした。

 正直なところ、GPD Pocketはそこそこのスペックで、性能面はあまり期待できないかなと予想しました。しかし日常的にCPUにAtom x7-Z8700を搭載しているSurface 3を使っているので、それほど心配はしませんでした(下の写真はSurface Proとの比較です)

Surface Proとの大きさ比較
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら