大手ITサービス企業の成長性(売上高伸び率)も比較した(表1)。2016年度に二桁の伸び率を記録したのは2社のみ。2017年度予想でも二桁の伸び率を見込むのは2社と、大手ITサービス企業の成長は小休止の様子。技術者不足が深刻化する各社は案件数を増やしにくく、売上高を大きく伸ばせずにいる。

表1●ITサービス企業の成長性ランキング
[画像のクリックで拡大表示]

 18.0%の伸び率で1位になった、りらいあコミュニケーションズはBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業が好調だった。トランス・コスモスもBPO事業が好調で4位にランクイン。伸び率は7.9%だった。ユーザー企業が攻めのITに注力するため、従来の業務システムの運用管理などを外部委託する機運が高まっている。

 2位にランクインしたのは2016年度に売上高が500億円を超えたソフトバンク・テクノロジーだ。ただし、増収に貢献したのはソフトバンクグループ向けのシステム開発や大型の機器販売。急成長するグループに引っ張られて売上高を伸ばした格好だ。

 ネットワンシステムズは伸び率8.3%で3位にランクインした。公共機関向けのネットワーク関連事業が増収に貢献した。なかでも自治体向けのセキュリティ対策案件が増えたことが主な増収要因という。標的型攻撃による日本年金機構の個人情報漏洩事案を受けたガイドラインの策定が追い風となった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら