前回の記事で解説した通り、米AMDのEPYCは技術的にはかなりサーバー市場で競争力のある構成になっている。ただ、サーバー市場はある意味非常に保守的でもある。AMDのプラットフォームはどこまで食い込めるのか。

 サーバーはPCに比べて高い信頼性と性能が求められる。この性能とは、ピーク性能の高さではなく、例えば24時間・365日フル稼働しつつ、しかも平均的なワークロードが高めといった、いわば「持久性能」である。

 持久性能は単にCPUだけ提供すれば得られるわけではない。マザーボードや周辺コンポーネント、電源などを含めたシステム全体の設計が重要であり、実現にはノウハウの蓄積が必要だ。保守的にならざるを得ないのは、こうしたノウハウを生かすには大きな変化のあまりない“堅め”の構成が便利だからだ。

 ノウハウを含めたシステム全体は、AMDだけは提供できない。ハードウエアとソフトウエアだけでなく、サポートまでを含んだ総合的なソリューションを持つサーバーメーカーとの協力が不可欠になる。

HPEやデルEMCがEPYC搭載サーバーを出す

 米ガートナーによる2016年第2四半期の集計だと、売上では米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)、米デルEMC、米IBM、中国レノボ、米シスコシステムズ、出荷台数ではデルEMC、HPE、レノボ、中国ファーウェイ、中国インスパーがそれぞれトップ5を占めている。

 このうちIBMはx86ではなくPowerベースの製品であることを考えると、x86のトップ3といえばHPE、デルEMC、レノボになる。EPYCの発表会ではこのトップ3との協業が発表された。実際基調講演の際にはHPEのCloudline CL3150(Photo02)やDellのPowerEdge(Photo03)がどちらも2017年後半に出荷開始されることが明らかにされた。

AMDが発表会で示したサーバーメーカー一覧。といって台湾タヤン(TYAN)や台湾エイスーステックコンピューター(ASUSTeK Computer)はサーバーのトータルソリューションというには少し遠い。
(出所:米AMD)
[画像のクリックで拡大表示]
EPYC 1ソケットに24台のストレージを搭載する米HPEの「Cloudline CL3150」。米AMDのリサ・スーCEOの隣で説明しているのはHPEエグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのアントニオ・ネリ氏。
(撮影:大原 雄介)
[画像のクリックで拡大表示]
米デルEMCの「PowerEdge」。詳細は、AMDの発表会時点では未発表。2017年後半に出荷するとだけ説明していた。
(撮影:大原 雄介)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら