総務省が2017年7月4日に公表した2016年度の通信市場の検証結果(案)では、携帯電話大手3社の契約数に占めるMVNO(仮想移動体通信事業者)の比率、ならびにMVNOの契約数における事業者別(回線提供元)シェアが新たに明らかとなった。利用者アンケートでは通信速度・品質やアフターサポートを含め、MVNOへの不満がそれほど高くないことも判明した。

ドコモのMVNO比率は10.7%

 総務省によると、2017年3月末時点における携帯電話の契約数は1億6273万件。事業者別のシェアはNTTドコモが41.1%、NTTドコモ(卸)が4.9%、KDDIグループが28.2%、KDDIグループ(卸)が1.6%、ソフトバンクグループが22.1%、ソフトバンクグループ(卸)が2.0%だった。

携帯電話の契約数における事業者別シェア
出所:総務省
[画像のクリックで拡大表示]

 「卸」はMVNOを意味しており、契約数に換算すると、NTTドコモが約797万件、KDDIグループが約260万件、ソフトバンクグループが約325万件である。各社におけるMVNOの比率はNTTドコモが10.7%、KDDIグループが5.4%、ソフトバンクグループが8.3%といった水準になる。格安スマホではNTTドコモの回線を活用したサービスが目立つが、ソフトバンクグループも通信モジュールを中心に法人向けで実績を積み重ねており、KDDIを上回る結果が出た。

 総務省は別途、MVNOの契約数(2017年3月末時点で1586万件)における事業者別シェアも公表しており、NTTドコモが50.5%、KDDIグループが27.3%、ソフトバンクグループが22.2%だった。契約数に換算すると、NTTドコモが約801万件、KDDIグループが約433万件、ソフトバンクグループが約352万件になる。

MVNOの契約数における事業者別(回線提供元)シェア
出所:総務省
[画像のクリックで拡大表示]

 数値に誤差はあるものの、上記はKDDI系のUQコミュニケーションズやソフトバンク系のWireless City PlanningといったBWA(広帯域移動無線アクセスシステム)のMVNOも含まれる。BWAではUQコミュニケーションズのほうが積極的にMVNOを展開しており、こちらではKDDIグループがソフトバンクグループを上回った。

 もっとも、これまでの推移を見ると、NTTドコモがKDDIやソフトバンクを大きく上回る伸びを見せており、まさに格安スマホ効果と言える。MVNOへの貸し出し料金(接続料)はNTTドコモが最も安く、この傾向がしばらく続きそうである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら