日経FinTechは2017年6月23日、都内で「Nikkei FinTech Conference 2017#2」を開催した。基調講演・対談には金融庁 総務企画局 信用制度参事官 井上 俊剛氏が登壇。「フィンテックの進展とその推進に向けた取組み」と題して講演した。モデレーターの日経FinTech編集長の原 隆とFinTechの推進に向けた金融庁の取り組みについて議論を深めた。

 基調講演・対談に先立ち当日、会場では金融庁とオーストラリア証券投資委員会(ASIC)がFinTech推進協力に係る書簡交換式を行った。今後、日本とオーストラリアの間では金融サービスのイノベーションを促進する協力枠組みが構築される。

 金融庁は2017年3月に英国、シンガポールの規制当局と同様の協力関係を結んでいる。井上氏は講演の冒頭、今回ASICと協力関係を構築したことについて「ASICはシドニーの証券取引所と連携し、証券取引におけるブロックチェーンの活用などに取り組んでいる」と説明。証券分野でのFinTech活用促進に向けた協力関係の構築に期待していることを強調した。

写真●基調講演・対談に金融庁 総務企画局 信用制度参事官 井上 俊剛氏(右)が登壇。「フィンテックの進展とその推進に向けた取組み」と題して講演した
(写真:新関 雅士、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 原編集長は2017年6月9日に閣議決定した「未来投資戦略2017」へと話題を移した。未来投資戦略2017では、金融庁関連施策でオープンAPIの導入目標が「80行」とされている意味を井上氏に尋ねた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら