AIファースト。コンピュータのユーザーインタフェース(UI)を、従来のタッチパネルやキーボードなどからAI(人工知能)に置き換えようという米Googleの戦略だ。日本でも年内の発売が決まったAIスピーカーの「Google Home」は、生活のあらゆるシーンにGoogleのAIを広げる第一歩となるものだ。

 Googleが2016年11月に米国で販売を開始したGoogle Homeは、米Amazon.comの「Amazon Echo」を追従するものとなる。Amazon Echoの音声アシスタントが「Alexa」であるのに対して、Google Homeは音声アシスタントとして「Googleアシスタント」を搭載する。Google Homeは日本でも2017年内に発売される予定だ。

写真●日本でも2017年内の発売が決まった「Google Home」
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleアシスタントは、「Android」に2012年から搭載されている音声アシスタント「Google Now」を置き換えるものと位置づけられている。2017年5月には、日本語のAndroidにもGoogleアシスタントが順次搭載されることが発表されている。

Googleアシスタントの特徴は「会話」

 ただしGoogleアシスタントが一番最初に搭載されたのは、Googleのメッセージングアプリ「Allo」だった。続いてGoogleアシスタントは2016年10月に発売されたGoogle製スマホの「Pixel」と「Pixel XL」に、そして同年11月にGoogle Homeに搭載された。それ以外のAndroid OSにもGoogleアシスタントが搭載されるようになったのは、2017年2月からのことである。

 Googleアシスタントは、メッセージングアプリのAlloに最初に搭載されたことが示すように「会話」に重点が置かれた音声アシスタントになる。ここで言う会話とは、ユーザーが複数の質問文を投げかけた時に、前後の文脈(コンテキスト)をGoogleアシスタントが理解しているという意味だ。

 例えばGoogleアシスタントに「ビル・ゲイツ氏は何歳?(How old is Bill Gates?)」と話しかけると、Googleアシスタントは「ビル・ゲイツ氏は61歳です」と答えるが、続いてユーザーが「資産額は?(Net Worth?)」と質問すると、Googleアシスタントは「ビル・ゲイツ氏の資産総額は89,000,000,000ドルです」と返答する。誰の資産総額を聞いているのか、文脈から判断しているのだ。続いてユーザーが「マーク・ザッカーバーグは?(What about Mark Zuckerberg?)」と質問すると、Googleアシスタントは「マーク・ザッカーバーグ氏の資産総額は64,200,000,000ドルです」と答える。質問の内容が資産総額に関するものだと、やはり理解しているのだ。

 コンテキストを理解した会話は、調べ物をする時に効果を発揮する。例えばレストランで見知らぬメニューを見つけたときに、「カルニタスって何?」「メキシコ料理で、細切れにした豚肉をローストしたものです」「カロリーは?」「カルニタスのカロリーは2オンス(56グラム)当たり102カロリーです」などと流れるように調べ物ができる。「カルニタスのカロリーは?」と改めて質問する必要がない。

 では実際にGoogle Homeを使ってみよう。Google Homeの強みはやはり、Googleが提供する強力なクラウドサービスにアクセスできることだ。例えばGoogle Homeに「Helloは日本語でどう言うの?(OK Google, how do you say Hello in Japanese?)」と質問すると、Google Homeは音声で「こんにちは」と答えてくれた。Googleが提供する機械翻訳サービスを活用している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら