閉じる

日経情報ストラテジー ビジネスで成果を出すデータ分析戦略

小林 祐介=オージス総研 データアナリシス部 リーダー・データ分析戦略コンサルタント
日経情報ストラテジー

目次

  • 「どこで何をしたか」まで把握 データをひも付けて価値を出す

     この連載では、架空の格安航空会社(LCC)X社のインバウンド(訪日外国人)戦略を題材に、データ分析戦略の立て方や、課題解決法を考えていきます。

  • 無計画な分析を卒業 ゴールまでのストーリー描け

     勘と経験ではなく、データに基づいて意思決定しよう―。こうした意識を持つ経営トップや管理職が増えています。

  • モニタリングで効果を見届ける CSFとKPIを定めよう

     この連載では、架空の格安航空会社(LCC)X社のインバウンド(訪日外国人)戦略を題材に、データ分析戦略の立て方や、分析に基づく課題解決法を考えていきます。

  • 「顧客体験地図」を作る 予測のプロセスを知る

     この連載では、架空の格安航空会社(LCC)X社のインバウンド(訪日外国人)戦略を題材に、データ分析戦略の立て方や、分析に基づく課題解決法を考えていきます。データ分析戦略は図1に示す8つのステップで進めます。前回は、「インバウンド客を増やして、航空機の稼働率を上げる」というX社にとっての目標を定義し…

  • 本分析の前に基礎分析 見える化で方向性をつかむ

     架空の格安航空会社(LCC)X社のインバウンド(訪日外国人)戦略を題材に、データ分析戦略の立て方や、分析に基づく課題解決法を考えてきたこの連載も、いよいよ最終回。今回は、実際にデータを分析するうえでの留意点を解説します。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る